f.delight / f. ディライト f.delight / f. ディライト


デザインポリカがさまざまにカタチを変えビジネスを⽣む。

一般住宅・高齢者施設

窓面の寒暖差の影響は「当たり前」の事としてとして我慢されてきた点を私たちはその「当たり前思想」を見直します。埃が溜まり「ハウスダスト」の原因ともなるカーテン・ブラインドや和紙を貼った障子、陽射し対策としてきた硝子窓面の時代に終止符をうちます。プライベートを守る遮視、直射熱に対しての遮熱・紫外線遮断・エアコンの効率を良くし、省エネ効果をあげます。「断熱デザインポリカ建材」は日本の四季を快適に過ごせる、居住空間を生み出します。

⾼齢者施設
施設建造物が新築の場合には、窓際お悩みは少ないですが、築5年以前の店舗の場合には、窓際の⾟さはお年寄りには深刻な問題となっているはず。当社事例では旧飲⾷店舗跡地をデイサービス拠点に改装されましたが、窓⾯の改修までは出来ない点から⻄⽇の強さを懸念されたオーナー様に本製品を2017年にご紹介し、2018年1⽉に設置施⼯を施しました。 内装⼯事と同時だった為特製窓枠にて四枚引きの引⼾タイプで導⼊する事で、換気等は簡易に⾏える仕様となっております。この時期から本製品の必要性に深く着眼してきました。 

プリ窓 プリ窓

ほぼ抑える事は可能です。但し、湿度が⾼すぎる場合などはより気密性を有したタイプをおすすめします。

ウエットティッシュで拭き掃除してください。ノンアルコールタイプがお薦めです。インクの色落ちの原因となりますので、ノンアルコールタイプのクリーナーでの拭き掃除をお勧めします。

はい、通常タイプの窓なら可能です。窓枠⼱が3cm以上有れば設置は可能です。窓枠⼱に余裕がない場合はオプション施⼯可能です。

助成⾦は地域によって対象が異なりますので、ご注意ください。施設等は事業所対象となります。

はい。当社規定柄からお選びいただけます。また、有料オプションにてオリジナルデザイン制作や「データ⼊稿」も可能です。


障⼦について
2021年時点でも「障⼦」の設置は継続され、アルミ素材枠やプラスチック 和紙タイプに進化をしておりますが「暑さ・寒さ」の問題は継続してます。
障⼦は引違い構造の点からデザインポリカ仕様に改造する事が可能なタイプと不可能なタイプが存在しますので、現地の仕様を⾒てからの判断となりますが、 枠⾃体から新規交換する事でほぼ可能となります。


プリ壁 プリ壁

はい、設置事例は有るのですが、塗具合や盛り具合で隙間が出る場合が有りますので、写真判断にて可否判断の対応となります。

現地状況により異なります。現状復帰がご希望の場合は、下地枠を⽤いての⼯法となります。

いいえ、プリ壁素材のみでは荷重に対しての強度が無い為下地材又は下地枠の強度でまかなう棚となります。

現時点では重ね貼り又は貼替で可能です。

いいえ、アルミ枠を⽤いて可能です。周辺機器をも収納できるテレビWELLが誕⽣します。


hang ハング hang ハング

ほぼ可能です。カーテンレールが天井付けタイプは可能です。壁⾯付の場合は耐荷重の点から取付が難しい場合が有ります。

静音タイプのカーテンレールを推奨しております。

使えます。但し施工上ネジを使用して取り付ける為、現地が確認できる写真と寸法をご連絡ください。

はい、窓脇に壁⾯スペースが有れば可能です。⼾袋壁をプリ壁にて作る事で、スッキリ収納が可能となります。

デザインポリカの原反サイズで可能です。W2100/H5850mm但し、⼯業⽤のカーテンレールが必要となります。


ページのトップへ戻る